ごめんねえみり。電話待たせちゃったね。でもね、今日だって君の事ちゃんと見てるんだよ。ほら、そこで少しずつ脚をひろげてごらん。大丈夫、君は街の単なる一風景に過ぎないから。そう。もうパンツも必要ないね。早く脱いじゃいなよ。あっ、そうだ。シャツの間から、可愛いおっぱいも見せて…。