ノーパンノーブラに超ミニ、教師とは思えないその風貌から学校の同僚には「先生、すごく変わったね」などと噂されても子宮に植え込まれたマゾ根性には抗えず私に指示されるまま毎日放課後輪姦の生贄として射精奉仕に勤しむ生田(34歳)です。いつも「女盛りのお前の躰は夜泣きしてるんじゃないか!可愛がってやるから出てこいよ」と電話すると一旦は女のプライドからか「馬鹿にしないで」などと言い放つものの結局はノコノコと誘いに乗ってきます。

続きを見る ⇒ さくら企画